読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せかいとことば

世界は言葉によってつくられているし世界は絶えず言葉を生み出しているし。雑多な文章をつらつらと。

ゴミ拾い概論

 落ちているもの、捨てられているものを拾うということはこの21世紀の都市生活において唯一と言っても過言ではないほど、RPGを感じられる行為である。なによりも、お金がかからないのがすばらしい。そして、何が見つかるかわからないという不確定性。これに味を覚えてしまうと、お金を払って綺麗に並んだ商品を選んで買うということが馬鹿らしくなる。われわれがモノを買うとき、そのほとんどは根源的な欲求によるものではなく、作られた需要に反応して生じる結果である。店頭に並ぶものを選んで買うという行為にはときめきがない。落ちているものを拾うということは、その偶然性によりわれわれに再び彩りのある生を与えてくれる。

 

モノを拾うということ。それを楽しむためには、まずは欲しいものを探そうという浅はかな期待は捨てることだ。欲しいものを探して、それを手に入れられるなんて、そんな気楽なことはそう起こりえない(ある程度レベルが上がれば、その確率を上げることは可能であるが、それでも偶発的なものである)。ここが初心者が一番間違えやすいポイントである。

 大事なことは、ありのままを受け入れるということ。ここにこれが落ちている、ではこれをどう活用しようかと考える。自分で使ってもいいし、誰かにあげてもいい。具体的な期待はせずに、路上に目を向ける。ゴミ捨て場に目を向ける。そうした習慣ができたなら、きっとあなたが望むものが手に入るはずだ。

 より具体的には、燃えないゴミや、廃品回収の前夜に街を散歩するといい。あなたはきっとたくさんの宝物に出会う。ゴミを持ち去ることは、多くの街で条例で禁止されている。しかし、法で禁止されたことはすべてしてはならないかと言うと、そうではないだろう。道路を見て欲しい。平然とスピード違反をしている車が走っている。表向きは禁止されているが、明文化されず黙認されている行為というのはこの社会では有り余るほどある。ゴミを拾うという行為だってきっとそうだろう(大々的に集め、商売をするとなれば話は別かもしれない)。そもそも、捨てられるものを再利用するということは環境に良いことだし、賞賛されるべきことである。このような裏付けから、あなたは堂々とゴミを漁れば良い。世間は思うほどあなたのことを気にしない。堂々と漁ることがポイントだ。もちろん、開けたゴミ袋はしっかりと閉じて、元通りにしなくてはならない。

 つねにゴミを捨てられるタイプのゴミ捨て場を探してストックしておくのも良い。不法侵入にあたる恐れもあるのでここでは深く言及しないが、まめにゴミをチェックするというのは重要である。それは、数撃ちゃ当たる、というもので、日々よくゴミをウォッチしていればそれだけ目ぼしいものに当たる確率はあがる。それに、意外と同業者は少なからず存在しているので、競争という意味でもまめにチェックをするべきである。

 ゴミ捨て場以外でも、路上に目を向けるとお宝が落ちていることがある。落としてしまったものもあれば、明らかに捨てられているものもある。これを見つけるためには、つねに地面を注視しながら歩くことが必要で、技術的には少し高度になる。遺失物は警察へ届けなくてはならないことになっているが、これも3か月の間に所有者が現れなければ、所有権が拾得者へと移る。落ちているものを堂々と、罪悪感もなしに自分のものにできるわけである。財布などの貴重品以外は、たいてい持ち主が現れないので、ぜひ積極的に拾ってみてほしい。

 

 モノを拾うというのは本当にすばらしいことだ。きっと、あなたの「お金」「商品」「所有」に関する価値観を一変させてしまうことだろう。思えばそもそも、この地球には「値段」というものは存在しなかったのである。落ちているもの、自然に存在しているものを拾ったり、捕らえたりして我々は生活していた。そんな、根源的な生活を、喜びを取り戻すためにも、あなたも落ちているものを拾ってみてほしい。