読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せかいとことば

世界は言葉によってつくられているし世界は絶えず言葉を生み出しているし。雑多な文章をつらつらと。

口ずさむことでコントロールする混沌を楽しむ

 音楽と煙、居眠りしてたら気づけばこんな時間、視姦されすぎて街を歩くのも困難でこんなんで毎日はいいのかって言い聞かせても稼いでもなくなるお金の価値を疑う、ところから連なる言葉は生まれる、打たれる、洪水のような雨と香水の香り、温水になっていく尻の穴用シャワー、シャワー通りいつも通りビール片手にベンチ座り眺める大通公園からの人の流れの中で奏でていくのは言葉でも音楽でもない何か、はにかむ街を歩く人々もいまは天使のように見えて電子レンジで温めて変える遺伝子配列、イメージは止まらないから排泄、するように言葉を吐き出す。
  吐き出す、マイナスからプラスに変えるように掻き出す、電極に挟まれた脳内の猛毒は消毒、できずに怒りでも悲しみでもない孤独、と一言で言ってしまえばそれはあまりにも脆く、すごろくみたいな人生で行ったり来たりを繰り返しまた振り出しに戻る、その一方で記号で世界とわかりあえるというのは甚だ盲目、毎日の日々のすべてが分岐点でスイッチアップダウンを繰り返して飛び出した列車、レールからはみ出て常軌を逸した蒸気機関車トーマスと正気の沙汰でないナイトフィーバーは止まらない。
 勝ち組、負け組、を気にするあまりに果汁グミの美味しさも忘れてビレバンで買ったハリボーで組み立てられた張りぼての高層ビル群をすり抜け妄想昼と夜の間の集中豪雨、のなかで体を洗うスコールは凍る、そして凍結した路面の前に人は無力になり響き渡る除雪車の音は怪獣、白夜に唸りだすゴジラ五時だ、気づけばいつも朝と夜が入り乱れる時間で怠惰な日々のなかで跨いだ空間の亀裂を埋めるように溢れて。